CX-3の新モデル

関東マツダが最近力を入れているのはCx-3です。なぜならガソリンモデルが登場したからです。それまでCX-3はディーゼルモデルのみのラインアップでした。CX-3はCX-5の弟分的な存在になるのですが、近年関東マツダでもCX-5の人気はとても高いものがありました。そもそも、マツダそのものの評判がここまで高くなっているの契機となったモデルがCX-5なのですが、その弟分と言うことでデビューしたCX-3。CX-5で評判を集めていたディーゼルモデルのみのラインナップとなったのですが、やはりガソリンモデルも欲しいとのことで2.0Lのガソリンモデルがデビューすることになったのです。

ディーゼルモデルは軽油なので燃費にこだわりを持っている日本のユーザーからは大好評を博したのですが、やはり中にはガソリンモデルも欲しいと思っている層もいるのです。特にCX-3はコンパクトSUVとして小回り、スタイリング、燃費のすべてを備えている評判のモデルなだけに、ガソリンモデルがラインナップしたことによってマツダとしてもプロモーションに力を入れています。マツダとしてもCX-3以外にも様々なモデルの販売に力を入れているのは言うまでもないのですが、やはり新しいモデルに対してはお客様からの問い合わせも増えますので、販売に対しても力を入れるようになるのです。特に自動車は販売して終わりではありません。その後の付き合いもありますので、関東マツダとしても誠意を持ってお客様と接するよう考えているのです。

CX-3はガソリンモデルだけではなくディーゼルモデルもそれまで同様にラインナップがされていて、どちらのモデルもそれぞれ特徴を持っています。ディーゼルモデルはトルクが太いですし、ガソリンモデルは軽快です。どちらか好きな方を選べばよいのですが、共通しているのはそこに関東マツダの素晴らしいサポートが付帯される点です。どうすればお客様を満足させられるのかを真剣に考えているのが関東マツダなだけに、お客様の細かいニーズにまで対応すべく、様々な角度からサポートしてくれるのです。関東マツダは、購入する相談から親身になってくれていますし、自動車の購入方法もローン等、様々なものを用意してくれています。評判の良いディーラーとして名前が挙がることも珍しくない関東マツダは、お客様の目線・立場を常に考えているからこそ、大きな信頼を集めることとなっているのです。

完成度の高さ

近年マツダの車は完成度が高いと評判を集めていますが、関東マツダにとってもそのような声は決して無視するわけにはいきません。本来、自動車を販売するのであれば国内市場に限ればやはりアピールすべきポイントは経済性でした。どれだけ低燃費なのか。維持費がかからないのか。どうしても経済面ばかりがクローズアップされることになってしまっているのですが、マツダの車は経済性を踏まえたうえでスタイリングの良さやコンセプトなど、近年評判が高まっているのです。

そのため、関東マツダとしても評判を基に、様々な角度からアプローチしているのです。格好良い車が欲しい層、低燃費で経済性に優れている車が欲しい層、運転を楽しみたい層。どのような層に対しても訴求できるだけの魅力を備えているのがマツダの車になりますので、関東マツダとしてもかなり力を入れることとなっているのです。そんなマツダが力を入れているのはCX-3です。ガソリンモデルが新しくラインナップされることになりましたので、プロモーションに力を入れているのですが、関東マツダは決してCX-3だけを押しているわけではありません。

車格的にはもう一つほど上になりますがスカイアクティブエンジンを搭載することで近年のマツダの勢いを生み出したCX-5やライトウェイトスポーツの大本命と言っても良いロードスターなどマツダには魅力的な車が多々ありますので関東マツダとしてもマツダ車の魅力をしっかりと伝えるために、誠意を持ってお客様と向き合っているのです。どういった車が好みなのかは、お客様にニーズ次第になります。国内ではどうしても経済性ばかりが問われてしまっているものの、走る楽しさのある車も多数ありますしアウトドアでも行ける車もあります。

このように、様々な車を抱えているからこそ、関東マツダではまずはお客様がどのような理由で車を欲しているのかをしっかりとレクチャーしてくれるのです。そのためには関東マツダのスタッフは車の知識の研鑽に余念がありません。知識がなければお客様の相談に乗ることさえできませんので、どうすればお客様との相談に力を入れられるのかを考えているのです。結果、商品の知識やニーズの絞り込みなど、自動車ディーラーとしては極々当たり前のことを当たり前のようにこなしてくれるからこそ、多くのお客様から評判を集めることとなっているのがマツダであり、さらに今後も期待されているのです。

欧州車のような雰囲気

近年のマツダ車の特徴として、欧州車のような雰囲気を醸し出している点にあります。マツダ車の評判が高いのはその点も挙げられます。近年の国産車はとにかく燃費重視です。いわばコストパフォーマンスを重視する消費者が増えています。車が便利であることくらいは分かっているものの、お金はかけたくない。そんな消費者が増えている一方で、マツダは車の質や走りにこだわりを見せるようになっているのです。走り、エクステリア共々欧州からの評判が高まっているのはそのためです。マツダの車を見てどこかの輸入車メーカーの車だと錯覚してしまう人も多いのではないでしょうか。車といえども質が出ます。そのため評判が高いのですが、関東マツダへの問い合わせが増えているのもそのためですし、関東マツダとしてもその点をプッシュしているのです。関東マツダはスタッフに対しても配慮していると言う話があり、それにより問い合わせに対しても熱心に対応してくれる、やる気のあるスタッフがいると評判になっているとか。問い合わせし易いのは助かりますね。

関東マツダの評判・キャンペーン情報を確認してみる

欧州車のような重厚感を出しているため、関東マツダに展示されている車を見て驚く消費者も多いとか。何となく関東マツダまで訪れてみたものの、実際のマツダ車の雰囲気を見て想像以上の出来栄えだと思って購入を決めるユーザーも珍しくないのです。関東マツダとしてもそのようなお客様に対して訴求するのはもちろんですが、決して外見だけではなく走りに対しての自信も持っているのです。マツダの車が欧州で高い評価を集めているのは外見だけの話ではなく、走りにあるからです。国内ではどうしても低燃費などコストパフォーマンスばかりが問われる状況となっている自動車産業ですが欧米では走りの質にこだわりが持たれています。そのため、日本車の評価が乏しい部分もあるのですがマツダの車の評判はとても高いのです。

さらには欧州車のような雰囲気を醸し出しつつも国産車ですので維持費も並みです。輸入車は重厚な雰囲気を演出していますし走りもとても素晴らしいものではあるのですが車体価格にせよ維持費にせよどうしても高くついてしまいます。車体だけでもそれなりに高いのですが、維持費がどうしても高くつきますので無理をして車体だけを購入したとしても維持費で音を上げることになってしまうケースも珍しくないのですがマツダ車であればそのようなことにはなりません。国産車でありつつも欧州車のような雰囲気。この点が近年のマツダ車における評判の理由となっているのです。さらには他のメーカーにはないコンセプトのものが多数ラインナップがされていますので、見ているだけでも楽しくなるのがマツダ車なのです。

顧客への提案

自動車は決して安いものではありません。便利なものであることは言うまでもありませんが、一方ではどうしてもお金がかかります。車体を購入して終わるのではなく、購入してからもランニングコストがどうしてもかかります。それでも便利なものであることには違いないからこそ、どのように購入しようか迷っている人も多いかと思いますが、関東マツダではそのようなお客様のためにとある手法を用意してくれているのですが、その手法もまた、関東マツダの評判の一つとなっているのです。それは残価設定ローンです。残価設定ローンそのものは関東マツダだけではなく他のメーカーでも行っているものですが、なぜ関東マツダの残価設定ローンが高い評判を集めているのかと言えばその残価率にあります。関東マツダの残価設定ローンの残価率は驚きの55%です。他のメーカーの場合、ここまで高い数字ではありません。

残価率が高いということは手放す際により高く買い取ってもらえるということを意味していますので、コストパフォーマンスが高くなるのです。また、残価設定ローンは近年は広く普及していますので、関東マツダだけではなく多くのディーラーにて採用されているのですが残価設定の利率次第では結局は乗り換えることになったとしてもお金がかかるケースが出てくるのです。その点、ほかのメーカーよりも高い残価率や残価保証も用意してくれていますので、残価設定ローンに対してあまり良い印象を思っていない人であっても気軽に活用できるのではないでしょうか。このように、車を賢く利用するためのサポートまで行ってくれていますので、自動車を購入して長く利用するというスタイルから変わりつつあるのです。

長らく保持するとなればどうしても維持費等で頭を悩ませることにもなってしまいますが、期間が定められているのであればその間の出費だと割り切れますし、高い残価率のおかげで終わったらそのまま返すだけでもよい可能性が高いのです。このように、関東マツダではユーザーに対してどのような手法を取るべきなのかを考えてくれているのです。もちろん残価設定ローンだけではなく、他にも様々な形でカーライフを提案してくれますが、どのような方法にも共通しているのは、まずは消費者のカーライフやニーズを把握するよう努めてくれる点にあります。そこから、ではそのためにはどのようなことが必要になるのかまで考えてくれるので、消費者から評判を集めているのです。

イベントも豊富です

関東マツダではイベントも豊富に行っています。自動車は決して安い買い物ではありません。購入する前の段階で何度も何度も下見に訪れる人もいれば、少しでも触れる機会を楽しみたいと思っている消費者も多いですし、逆にイベントによって車の存在を知るケースもあるのではないでしょうか。関東マツダとしてもそのような消費者心理を理解していますのでイベントを展開することで、車のことをもっともっと知りたいと思っている層。そしてあまり車に対してそこまでこだわりを持っている訳ではない層の双方に訴求しているのです。車だけではなく、購入するかしないかを考えたら何よりも存在そのものを知っていなければならないものです。存在を知らない車のことを「買おうかな」「魅力的だな」と思うことは根本的にありません。そこで関東マツダはイベントを通してマツダ車の魅力を分かってもらおうと考えているのです。

また、もう一歩進んでどの車にしようかなと悩んでいる人や、悩んでいる候補の車の一つがマツダ車という消費者に対してのアピールも行っているのです。このような地道なイベント活動が関東マツダの評判の高さを生んでいると言っても過言ではありません。関東マツダとしてはマツダ車のアピールはもちろんですが、車のみならず自分たちの姿勢をアピールする場でもあると考えているのです。自動車は購入して終わるものではありません。むしろ購入してからがスタートと言っても良いでしょう。他の物であれば購入すれば自分の物になるので販売店側との付き合いが発生するようなものの方が稀なのですが、車に関しては購入こそ販売店との付き合いのスタートと言っても良いのです。それだけに、消費者側としても出来れば評判の良いディーラーでと考えているのです。

自動車の質がほぼ同じなら、サービスの良いディーラーや評判の良いディーラーを選びたいと思う人間心理は当然のものですが、関東マツダは購入こそスタートだと分かっています。購入してから急にそれまでの丁寧な対応が鳴りを潜めて急に高圧的になって蔑ろにされてしまうようなこともありません。購入してからも購入する前同様、丁寧な接客を心がけてくれるのがマツダの売りでもありますので評判も高いのです。車そのものはもちろんですが安心できるサポート体制まで整えていますので、口コミでも良い評価が目立つのですが、一度関東マツダのスタッフと接すれば納得出来るでしょう。